1. HOME
  2. ブログ
  3. 「春酒」の楽しみ方とおすすめ5選

「春酒」の楽しみ方とおすすめ5選

日本人は昔から、桜や花を愛でながら日本酒を飲むことで、季節の移ろいを楽しんできました。気持ちも晴れやかになってきたこの時期、アウトドアシーンに飲みたい爽やかな味わいのものが出回っていまうす。お花見、卒業式、入社祝い、新社会人、新生活など、心の琴線に触れるシーンが続く春。この季節にぴったりな「春酒」を楽しみましょう。春酒のお楽しみポイントをご紹介します♪

すぐに日本酒をチェックしたい方は方はこちら

① 常温(冷や)でも美味しく飲める日本酒

お花見は屋外で長時間過ごすことが多く、常温で美味しく飲める純米酒が重宝されます。ちなみに、常温の日本酒を「冷や」と呼びます。冷蔵庫がなかった時代から、「冷や」の日本酒を桜の木の下で飲んできた日本人。お花見の歴史や花見酒のルーツに想いを馳せてみても良いですね。

② パーティーにぴったりな飲みやすい日本酒

お花見や仲間と集まる席には、幅広い層が飲みやすいお酒を用意しましょう。飲みやすい低アルコールや、スパークリングの日本酒はお酒初心者にはおすすめです。春や花を連想させるラベルや、春っぽさを演出しているボトルは置くだけで、ウキウキ気分が盛りあがります。

③ 赤やピンクの日本酒

無色透明なお酒と違い、赤やピンクの日本酒があります。赤色酵母という赤くなる酵母や、赤米を使って造られていて、着色をせずに自然とピンク色になり、観ているだけで春らしさを演出します。

④ 桜の花酵母から造られた日本酒

花酵母(はなこうぼ)は自然界に存在する天然の酵母で、さまざまな花から抽出されるものです。日本酒に不可欠な酵母を桜の花から抽出した日本酒で、ロマンを感じながら花見酒を頼んでみてはいかがでしょうか。

⑤ 桜や花など、春らしさをモチーフにした日本酒

日本酒の銘柄のほとんどに漢字が使われていますが、花の名前を持つ銘柄は少なくありません。一番多いのは「菊」ですが、「桜」や「梅」など、春を連想させる銘柄も少なくありません。花があしらわれたラベルや、お祝いの場には縁起が良い名前の日本酒をお持ちしましょう。

おすすめの春酒5選

春酒のお楽しみポイントに合わせて、おすすめの日本酒をご紹介します。

1.純米にごり酒 さくらいろ(新潟県・鮎正宗酒造)

赤色酵母を使ったピンクのにごり酒

さくら色のにごり酒がとっても可愛らしい一本。 着色料などではなく赤色酵母という特殊な酵母でこの色を出しています。 にごり酒なので甘みも感じられますが、酸味のバランスが良く、甘酸っぱい印象の味わいです。

純米にごり酒 さくらいろ
●価格 500ml:¥1,386(税込)
(2022年4月時点のサイト価格表示)
●精米歩合:70%
●アルコール度:10度
●製造:鮎正宗酒造株式会社(新潟県妙高市大字猿橋636)

2.花見 口万 純米吟醸(福島県・花泉酒造)

綺麗な甘みと旨みが優しく広がる低アルコールのお酒

ふんわりと広がる優しい旨みと、低アルコール(13度)の口当たりの良さを感じる味わいです。 爽やかなキレを感じられ、お花見をしながら飲みたい一本です。

花見 口万 純米吟醸
●価格 720ml:¥1,469(税込)
(2022年4月時点のサイト価格表示)
●原料米・精米歩合:麹米/五百万石50%
掛米/夢の香55%
四段米/ヒメノモチ55%
●使用酵母:うつくしま夢酵母
●アルコール度:13度
●製造:花泉酒造合名会社(福島県南会津郡南会津町界中田646-1)

3.人気一 Rice Magic Sparkling Red(福島県・人気酒造店)

酒造好適米と古代米(紫黒米)で造ったスパークリング

乾杯にふさわしい赤色のスパークリング日本酒です! この日本酒の色合いもナチュラルな色合いの日本酒。 製造の際に酒米だけではなく、古代米「黒米(紫黒米)」の中でもアサムラサキという品種で造ったスパークリング日本酒です。 甘味と酸味が特徴で、アルコール度数7%という軽さから海外でも大人気の一本です。

人気一 Rice Magic Sparkling Red
●価格 720ml:¥880(税込)
(2022年4月時点のサイト価格表示)
●原料米・精米歩合:酒造好適米50%
●アルコール度:7度
●製造:人気酒造株式会社(福島県 二本松市山田470番地)

4.勲碧 純米吟醸 五条川桜 無濾過生原酒(愛知県・勲碧酒造)

千個の花びらからわずかに1個だけ採れた奇跡の酵母

日本桜の名所百選に選ばれている五条川桜並木、その桜の花びらから分離した桜酵母で醸したお酒です。華やかな香りとキレのある旨味が特長です。

勲碧 純米吟醸 五条川桜 無濾過生原酒
●価格 1,800ml:¥3,300(税込)
(2022年4月時点のサイト価格表示)
●原料米:夢吟香100%
●精米歩合:55%
●使用酵母:桜酵母 五条川桜
●アルコール度:17度
●製造:勲碧酒造株式会社(愛知県江南市小折本町柳橋88)

5.四季桜 花宝 純米大吟醸酒(栃木県・宇都宮酒造)

四季桜の代表銘柄のひとつ

名前に「桜」と「花」、ラベルにも桜があしらわれた春酒の決定版。お酒としての評判も人気グルメ漫画『美味しんぼ』に紹 介されたこともあり、鬼怒川畔柳田で醸された柔らかい味が口の中に広がり、春の訪れを感じさせてくれます。

四季桜 花宝 純米大吟醸酒
●価格 720ml:¥4,070(税込)
(2022年4月時点のサイト価格表示)
●原料米:兵庫県産山田錦
●精米歩合:40%
●使用酵母:栃木県酵母
●アルコール度:16度
●製造:宇都宮酒造 株式会社(奈良県葛城市東室27)

「春酒」の特集はいかがでしたか?
春らしいピンクのラベルや可愛らしくほのかに色づいた日本酒など、春酒を見かけたら、手に取ってみてはいかがでしょうか。

春を楽しみ、春酒で乾杯しましょう(^^)/

この記事は私が取材しました。

おいしい日本酒 編集部

デジタル・メディア『おいしい日本酒』は、唎酒師の資格を持つ編集長と、日本酒業界に精通するスーパーバイザーの監修のもと、日本酒に関わるコンテンツを、読者目線でわかりやすく、楽しくお届けします。

関連記事